フィッシングショー2009 第三弾(準備)

明日から3日間、ニューヨーク ロングアイランドの州立の大学のホールで 、サーフフィッシングのクラブが主催するフィッシングショーがあり、ブースのセットアップに行ってきました。
去年からはじまり、規模は本当に小さいですが、セミナーでは、有名な釣り師が語るので、ある程度シリアスな人が集まります。

この竿はアメリカ製のブランドの竿ですが、セールスマンが来て、新商品の売り込みと使い方を説明します。モントークという場所(ロングアイランドの最北端)のサーフフィッシングは有名で、特に
10、11月は海岸べたでテントをはり、泊まりこみでスタライプバスを釣る釣り人が多くいます。
海岸で、豪快に波をあびながら、40パウンド級の魚を釣るというダイナミックな釣りが出来るので遠方からも多く集まります。このショーの主催者のおじさんにくわしくポイントを教わる予定です。

このようにブースを準備しました。明日は12時から始まります。

Leave a Reply