Archive for April, 2009

4月 26日 カレイ釣り( ナバシンクリバー )

IMG_0537
IMG_0535
IMG_0516
伊勢レストランのオーナーの西垣さん、寿司シェフの牧野さん、長谷川さん、3人で10匹以上のキーパーサイズを釣りあげました。

チェサピークビーチからチェサピークシテイ

15日の水曜日の朝、海の天気を確認したら、湾の中でさえも、風が北から15ノット、波が3フィートと、雨がまだやまず、視界もよくない。出来たら、途中水路を通過し、ニュージャージー南のケイペメイまで行こうと思ったが、とにかく少しでも進もうと、チェサピーク湾を北上し、ニュージャージーのデラウエア湾を結んでいる水路まで到達するようにしました。次のマリーナを探すまで、時間をかけ、悪天候の時は、とにかく安全で行かないといけないので、十分に下調べし出発しました。写真でもわかるように、波を強く、4フィートから、時折。5フィートくらいありました。特に北に向かうのに、北から強い風が吹くので、波を何度となくかぶりました。この3日で一番船がゆれましたが、次のマリーナに無事に着いた時には、心地よい疲れでした。ここは、水路にある大きなマリーナで着いた町は、古い町で風情がありました。16日は、ケープメイまで進む予定です。ボートはいい状態で、テストドライブも含め、運転の感触を確かめていますが、かなり安 定していう感じです。

img_0443

img_0449

img_04411

ノーフォークからメリーランドのチェサピークビーチまで、

昨晩から風と波が強くなり、海上の天気を確認したら、これから最低3日間は、外海はボートを運転できる天気でありませんでしたので、遠回りになりますが、内海のチェサピーク湾を北上して、ニュージャージーの南に出るように、航路を変更しました。まず、その200マイルある、チェサピーク湾のくわしいチャート(海図)を手にいれ、100マイル先のチェサピークビーチという町のマリーナに行くようにしました。予報より波と霧もありました。昼前に出発し、夕方6時くらいに到着しました。以前、このマリーナに来たことがあり、友人のマーテイが出迎えてくれました。まずは、燃料を補給し、次の日に備えました。

img_0433img_0424

ノースキャロライナ州のモアヘッド市からニュージャージー州のジャージーシテイ市までのボートトリップ

現在、ノースキャロライナから、ニューヨークまで、34フィートのボートで移動中です。13日の朝7時過ぎに出発しました。この日は、若干の南風が強かったですが、比較的、走りやすかったです。モアヘッド市から出たところのケイプルックアウトは、5マイルくらい浅瀬が続いているところがあるので、そこは、遠回りし、ほぼ沿岸沿いを走りました。240マイル先のバージニア州のノーフォークまでを目標にして走り、予定どうり、夜7時半に到着し、ボートをマリーナに停泊させました。

img_0407

img_0409

img_0389

img_0399

現在、移動中!!(2)

 

 

14日、火曜日は、午前中、チェサピーク湾からニュージャージーを行くための、地図を買い、昼前に出航しました。

120マイル先のメリーランド州のチェサピークビーチという町のマリーナに夕方到着しました。途中から霧に囲まれ、1マイル先くらいしか見えない時もありました。このチェサピーク湾は、南から北まで、200マイルくらいあります。

今日は、その半分を走りました。明日は、雨で風も強いので、慎重に運転し、ニュージャーの南のケープメイに到着予定です。到着予定の翌日の木曜日は、ケープメイからの外海は、風が20マイル以上、波が9フィートと天気が悪いので、明日の夜、ケープメイ到着後、天気を確認し、予定を考えたいと思います。

new_pa3new_pa4

現在、移動中!!(1)

先回もこのブログで紹介したように、長く使用していた24フィートのボートを売って34フィートの新艇ボートを購入しました。ノースキャロライナまで、その新艇ボートを引き取りに来ています。

4月12日の日曜日は、ボートの総点検と燃料補給等の準備をしました。

4月13日の月曜日は、朝、水路は、霧が濃かったため、7時半にマリーナを出発しました。240マイルを走ったのち、ノーフォークのマリーナに到着しました。夜の7時半に到着しましたので、12時間走りました。午前中は、比較的いい天気でしたが、途中、風と波が強くなりました。ボートの燃料は、1ガロンで約、1マイル走ります。(約、240ガロン)。夜、次の日の天気を調べたら、外海は、風が20マイル以上、波が7フィート以上と非常に悪いものでしたので、次の日は、内海のチェサピーク湾を通じて行くことにしました。

new_pa1

new_pa2

ありがとう。24フィートボート。

p4050251

この24フィートのボートは、5年間に渡り、多くのドラマを作ってきました。 本当に多くの思い出がぎっしりと詰まっています。 しかし、今回、28フィートのボートを使用するため、苦渋の決断ですが、売るこに決めました。これで、使用するボートは、28フィートと34フィートになります。多くのドラマを作ってくれた24フィートのボートに心から感謝の思いで送り出したいと思います。

34フィートの新艇。

img_0268

img_0253

img_0254

今シーズンは、この34フィートも使い、チャーターボートをがんがんやります。

3週間前に試運転と下見のため、ノースキャロライナ州のボート会社に行ってきました。
特徴は、御覧になればわかりますが、どこからでも、フィッシングが出来るデザイン。安定した走りと少々荒れた海でも、釣れを楽しめる安定した構造。ヤンマーのデイーゼル 315hpを2機 搭載。
これを使えば、オフショアフィッシングももちろん、可能、トローリング、底もの釣り、ジギング、と多種多様な釣りに対応、またゆったりとしたクルージング気分も楽しめます。
今週末にまた、そこに行き、来週の月曜日には、3日間かけ、海を北上して帰ってくる予定です。