Archive for the ‘店長日記’ Category

店長日記3月3日

先週土曜日、お客さんがモントークのたら釣りに行き、ばっちりと釣ってきました。

この日は、陸上でもかなり寒く、風も強かったので、海は、かなりたいへんな状態だったと思います。冬の海は、このように荒れる日が多いですが、こんな釣りは、また特別な充実感があります。

もういよいよ、カレイの季節がはじまります。23日からですが、なんとか自分もその日までには、ボートをおろしたいです。

店長日記2月27日

常連客の二人からレポートがありました。
24日(水)のトリップで、オフショアポギー、シーバスねらい。上がポギー、下がシーバス。
ボートは、ニュージャージーのPOINT PLEASANTから出る、VOAGERで今回33名の乗船。
このように、クーラーいっぱいの、ほぼ全員が、こんな釣果だったとか。
海の荒れる日の多い冬場の中では、かなりの釣り日和だったようで、うらやましい限りです。
上の写真の彼は、毎日ランチを自分で釣った魚を調理しており、それが、楽しみみたいです。
明日も行く予定で、天気を聞いてきましたが、明日はオフショアは、天気が崩れるので、また予定をたてなおすようです。

店長日記 2月26日

今日は、このブログを見てくださっていたお二人が、連絡をくれ、初めて店に来てくれました。
週末、モントークのタラに挑戦するそうです。
今年はモントーク近海でタラがあたっているので、ぜひ、今回も爆釣を期待してます。

カレイのニュージャージーのオープンも3月23日とあともう少しです。

去年は、ニュージャージーのナバセンリバーが非常に良かったです。特に3月の終わりくらいだったです。

カレイは刺身でも、から揚げ、煮付けなんでも 旨いので それも楽しみです。

店長日記 2月24日

釣り情報は、先週は、まだロングアイランド、北端のモントークのタラがまだ、まだいいです。

今晩、お客の数人がオフショアのシーバス釣りの船に乗っていったので、明日は釣果が楽しみです。

先週のボートショーで会った人は、1週間前、天気のいい日にストライプバスを試しに、ジグで狙ったたら、20パウンドのバスが釣れたと、写真を見せてくれました。そろそろハドソン川での産卵のために南から上がってきているバスもいるのだと思います。

ニシンを追ってきているのかもしれません。

もう3月なので、そろそろバスも入ってくる頃です。

店長日記

フロリダに来週、イシナギを釣りに行くジョナサン達が来ました。

こらは、ストライプバスを釣る特殊なリグだそうです。

シーズンには、毎日のように来るフェリックスが糸を巻き買えに来ました。
 昨日から近くのボートショーにブース出していますが、会った人が、先週、ジグで20パウンドのストライプバスを釣った写真を見せてくれました。もう、ニシンの群れをおおきなスタライプバスが追っているそうです。

店長日記 2月5日

ボートキャプテンでもあり、カラテの師範でもある高橋さんが来られました。たら釣りの話しをしてたら、ちょうど、たら釣りの情報を持っているお客が来ました。今、モントークの先のブロックアイランドで、たらが爆釣しており、ロングアイランドの最北のモントークから出る乗り合い船のvikingでは、先週末、80名の釣り人が、1000匹以上のたらを上げたと言ってました。

2日前に来たテートの友人が来ました。少し強めの竿を買いました。そしてこの店を紹介してくれたデイーンのところに行きました。

そのあと、デイーンが電話してき、彼の友人が買った竿は強すぎるということで、自分が他のものを選びたいので、いっしょに店に来るということになりました。彼は車の修理屋のオーナーで、そこに多くの彼の友人(釣り友達)がたむろしていて、車修理のお客さんで釣りが好きな人がいると、必ずここに連れてきてくれます。

結局、昨日来たテートも来て、彼が昨2日前に買った竿とほど同じスペックの竿を買いました。7フィート2インチ、ラインが17パウンドから40パウンドのクラスの竿が、このニューヨーク界隈のボートフィッシングでは、スタンダードの竿の1つとなっています。彼らも春の釣りのための準備でした。
今日は、また一段と寒い日でした。週末は気温が少し上がるそうなので、ほっとしてます。

店長日記 2月4日

フィリピン人のお客で4人兄弟の末っ子のロバートが、リールを買いにきました。2番目のグレゴリーの影響で、皆、釣りが好きになり、またいい道具にこだわります。とくに日本のものが好きです。4月くらいからの釣りの準備のため、今日は日中でも寒く、マイナスの気温の中、店に来てくれました。

10年来の常連のケビンが、4月にフロリダでの、グルッパー、スナッパー釣りのためのリグを作るための材料を買いに顔をだしました。2年前、自分が日本のカスタムビルダーに作ってもらったツナ用の竿を見せたら、全く同じものを注文し、翌年、フロリダでその竿を使い、500パウンドを超えるグルパーを釣り上げ、さらにその竿のすごさを知り、いとこのケビン(同じ名前)とジョンにも薦め、彼らも同じカスタムロッドを作りました。日本製のカスタムのブランクでカスタムメイドの特注竿です。
その竿のストーリーはたくさんあります。

店長日記 2月3日 追加

今日来てくれたロバートを、紹介してくれたリックの写真が見つかりました。2年前の5月23日で、リックは奥さんと友人を連れてきました。3人ともいいサイズを上げ、釣果も天気も良かったので印象に残っています。彼にこの写真をまた送ってみようと思います。たぶん、こちらに帰ってきたくなるでしょう。

店長日記 2月3日

先週、初めて来たレイモンドと、その友人アランが初めて来てくれました。彼らも、シーバス釣りに今週末行く予定で、糸を巻き変えと小物を買いにきました。最近、そのシーバス釣りにダイワの電動リールを使う人が増え、レイモンドはそのリールを注文していきました。先週彼が行ったトリップの写真をボートのサイトで見ました。(画像が小さく見にくいですが、クーラー満杯でした)

2年前にチャーターに連れていったお客さん(リック)の紹介で、来てくれましたロバートです。ブラックフィンツナをジグで釣りたいということで、日本製のジグ(ダイワ、シマノ、ヨーズリ、キクチジグ、等)を薦め、買い込んでいきました。ノースキャロライナで釣りをするらしく、そのための買い物でした。紹介してくれた常連客はバッファロー(ニューヨークの最北、カナダの国境近く)に引越したらしく、去年はそういえば、会いませんでした。ロバートがいうには、そこは雪が多いので、こちらにまた戻りたい、とぼやいていたそうです。彼らは先回いいサイズのストライプバスを釣ったので印象に残っています。

昨日来た二人の友人テイートで、彼もちょくちょく顔をだします。長らく話したあと、ジールーミスの竿を買いました。彼も昨日の二人といっしょにシーバス釣りに半ばに行くようです。今年はシーバスはいいようです。

店長日記 2月2日

今年、2009年の第三弾のショーも無事に終了しました。
今日は天気がよく、先週降って固まった雪もほとんど溶けるくらい、暖かい一日でした。
午後に常連の二人(アリエルとボーイ)が顔をだしました。もう、10年らいの付き合いで、チャーターで釣りにも連れていったし、いっしょにツナの乗り合い船にも行きました。
二人はちかじか、シーバス釣りに行くようです。